メニュー

弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット

検索

離婚

【弁護士の小話】職場不倫は誰の責任なのか?

職場はイチャイチャする場所ではなく仕事をする場所

 

芸能人が不倫をしてCM契約解除、よく聞く話ですよね。「不倫疑惑」のもたらすイメージダウン効果を、CM主側が非常に重く見る、ということでしょう。

 

じゃあ、われら普通の市民が不貞をし、それが発覚した場合、勤務先との関係はどうなるのでしょう。本記事では職場不倫について話したいと思います。

 

 

職場不倫は会社の責任?

 

これとってもよく聞かれる質問です。

特に、不貞をされてしまった側の配偶者は、「私の夫/妻とあいつが不倫していたことは職場も知っていたはずだ。それを野放しにするなんてけしからん!」とか「コンプライアンス体制がなっていない!!」とか、お怒りになります。また、「職場はあいつを解雇すべきだ」と仰ったり、時には職場の方から「こういうときって懲戒にした方がいいんでしょうか…」とも聞かれます。

 

 

結論として、まず、職場不倫があったことをもって、職場の管理不行き届きだの、コンプライアンス違反だのと言うことはできません。

 

 

 

不倫した本人たちが悪いのか?

 

では、不倫をした当のご本人たちに、職場からお咎めがあるかというと、これは「職場の規律、秩序を乱したかどうか」で決まります。バリバリの不貞でも、職場に迷惑をかけていなければ懲戒はできませんし、逆に「オフホワイト」(前に芸能人がこんな言葉を残してましたよね、つまり性交はしていない、という意味)でも、職場で連日修羅場を繰り広げるなどの迷惑が及べば、懲戒権が発動される可能性はあるでしょう。

 

 

 

職場でのイチャイチャにはご注意を

 

まあなんにせよ、少なくとも職場でイチャイチャするのは止めましょう。その時は良くても、あとになってから、あれはセクハラだったとか、余計な言いがかりをつけられる可能性も十分あります。

やりたいことがあれば、然るべき場所でされることを、強くお勧めいたします。不倫関係のもつれや離婚について、何かお悩み事がございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京大学法学部司法学科卒業。最高裁判所司法研修所修了後、裁判官に任官し、横浜地方裁判所、名古屋地方裁判所家庭裁判所豊橋支部、横浜地方裁判所家庭裁判所川崎支部判事補、東京地方裁判所家庭裁判所八王子支部、浦和家庭裁判所、水戸地方裁判所家庭裁判所土浦支部、静岡地方裁判所浜松支部判事。退官後、弁護士法人はるか栃木支部栃木宇都宮法律事務所勤務。

裁判官時代は、主に家事事件(離婚・財産分与・親権・面会交流・遺産分割・遺言)等を担当した。 専門書の執筆も多く、 古典・小説を愛し、知識も豊富である。 短歌も詠み歌歴30年という趣味も持つ。栃木県弁護士会では総務委員会に加入している。