メニュー

弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット

検索

離婚

【弁護士の小話】離婚の調停委員が自分の話を聞いてくれない!どうしたらいいの?

「DVでは男性側の意見など全く聞いてもらえない」などと、家裁や調停委員に対する恨みを抱く方がいらっしゃるようです。

実際、調停委員にはいろんな人がいます。よく話を聞いてくれる人もいますがそうではない人もいます。中には、高圧的な態度をとる人も、いないわけではありません。…というか、実際いますね。たまに。。。

 

では不運にもそういう調停委員にあたってしまった場合どうすればいいのでしょうか。

 

 

納得してないのに調停が終わる事態は避けるべき

本当は納得していないのに、強引に調停成立にさせられてしまうという事態だけは、避けたいものです。調停調書はずっと残るものなのですから、本当に納得して、調書にしてもらう必要があります。

 

 

弁護士をつける

どうも調停委員に、きちんと自分の主張を伝えられない、という方は、ためらわずに弁護士を付けられた方がいいと思います。

家事事件は、人生の一大事です。

弁護士を付ければ、費用は掛かりますが、費用をかけるだけの価値のある、一大事なのですから。何かお悩みごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京大学法学部司法学科卒業。最高裁判所司法研修所修了後、裁判官に任官し、横浜地方裁判所、名古屋地方裁判所家庭裁判所豊橋支部、横浜地方裁判所家庭裁判所川崎支部判事補、東京地方裁判所家庭裁判所八王子支部、浦和家庭裁判所、水戸地方裁判所家庭裁判所土浦支部、静岡地方裁判所浜松支部判事。退官後、弁護士法人はるか栃木支部栃木宇都宮法律事務所勤務。

裁判官時代は、主に家事事件(離婚・財産分与・親権・面会交流・遺産分割・遺言)等を担当した。 専門書の執筆も多く、 古典・小説を愛し、知識も豊富である。 短歌も詠み歌歴30年という趣味も持つ。栃木県弁護士会では総務委員会に加入している。