メニュー

弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット

検索

離婚

【弁護士の小話】別居中の妻(夫)に子供を連れ去られた!誘拐罪に該当するのか?

別居している妻(夫)と離婚調停中、妻(夫)に子どもを連れ去られた、という案件がたまに起こります。

こういう事案は時間が勝負です。当然です。子を連れ去られた方は必死ですので、ご依頼を受けている我々弁護士も、本当に必死に対処します。

 

ここで、よく聞かれることがあります。

実子の連れ去りは誘拐罪(未成年者略取誘拐罪)に当たるのでしょうか?警察は何もしてくれないのでしょうか?

 

 

誘拐罪に該当するかはケースバイケース

 

結論から言いますね。誘拐罪に該当する場合も、あります。該当しない場合もあります。

ただ、誘拐罪に該当するから、警察に告訴すれば、すぐ警察が動いてくれるかというと、なかなかそうはなりません。

 

 

警察は家庭内の問題だとして慎重な態度をとる

 

特に、親が連れ去った、となると、家庭内の問題だから…と、警察は及び腰になることがあります。警察は強力な強制捜査権を持っていますので、その行使には、とても慎重になるのです。

 

 

弁護士にもご相談を

 

弁護士としては、警察への相談もさることながら、子の引き渡しの仮処分、審判申し立て、子の監護者指定の申し立て、などなどをタイムリーに打っていく必要があります。たくさんの手続きが必要になりますが、迅速な対応が、絶対に必要な案件と言えるでしょう。私達はこのような事件について多くの経験がございます。何かお悩みごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京大学法学部司法学科卒業。最高裁判所司法研修所修了後、裁判官に任官し、横浜地方裁判所、名古屋地方裁判所家庭裁判所豊橋支部、横浜地方裁判所家庭裁判所川崎支部判事補、東京地方裁判所家庭裁判所八王子支部、浦和家庭裁判所、水戸地方裁判所家庭裁判所土浦支部、静岡地方裁判所浜松支部判事。退官後、弁護士法人はるか栃木支部栃木宇都宮法律事務所勤務。

裁判官時代は、主に家事事件(離婚・財産分与・親権・面会交流・遺産分割・遺言)等を担当した。 専門書の執筆も多く、 古典・小説を愛し、知識も豊富である。 短歌も詠み歌歴30年という趣味も持つ。栃木県弁護士会では総務委員会に加入している。