メニュー

弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット

検索

債務整理

【弁護士の小話】ギャンブルでの失敗は自己破産できないのか?

弁護士としてこれまで多くの破産事件を担当してきましたが、よくご相談前に聞かれることがあります。パチンコ、パチスロ、競馬、株、FXでの失敗、いわゆるギャンブルでの失敗で破産の免責が不許可になる(破産できない)のではないか、と。

 

 

 

そもそも破産制度とはなに?という方へおすすめ記事 そもそも破産制度とはなに?という方へおすすめ記事

 

 

 

”普通は”ギャンブルでの失敗だけで免責不許可にはならない

結論から言います、株やFXでの失敗だけでは、免責が不許可となることは、ほとんどありません。

免責不許可の典型的な事由として、よく、ギャンブルが挙げられます。パチンコ、パチスロ、競馬などで借金を作ったり、大きくしたりした方の中には、不許可になるのでは、と心配される方もいます。

 

しかし、明るい安村ではないですが、ここはご安心頂いても大丈夫です…ふつうは。

よほどのことがない限り、若干のギャンブルでは、不許可になりません…原則として。

 

 

財産隠しは免責不許可になりやすい

免責不許可にもっともなりやすいのは、個人的な感想ですが、財産隠しである気がします。経験上です。

 

 

破産はネガティブなことではない

なにかで失敗したら、すべて明らかにして、隠さずに自分を見つめなおして、正々堂々と、人生をやりなおす。そのための制度が破産です。一度は”破”れるが、新たな人生が”産”まれるんです。

たしかに、失敗した自分をお認めになることは大変つらいことです。でもそこから目を背けていては新しい人生の扉は開きません。チャレンジをして一度も失敗しない人間なんてほとんどいません。私たちがお客様の新たな人生のスタートの一助になれればと存じます。何かお悩み事がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京大学法学部司法学科卒業。最高裁判所司法研修所修了後、裁判官に任官し、横浜地方裁判所、名古屋地方裁判所家庭裁判所豊橋支部、横浜地方裁判所家庭裁判所川崎支部判事補、東京地方裁判所家庭裁判所八王子支部、浦和家庭裁判所、水戸地方裁判所家庭裁判所土浦支部、静岡地方裁判所浜松支部判事。退官後、弁護士法人はるか栃木支部栃木宇都宮法律事務所勤務。

裁判官時代は、主に家事事件(離婚・財産分与・親権・面会交流・遺産分割・遺言)等を担当した。 専門書の執筆も多く、 古典・小説を愛し、知識も豊富である。 短歌も詠み歌歴30年という趣味も持つ。栃木県弁護士会では総務委員会に加入している。