メニュー

弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット弁護士ラボ 法律でお困りの方のための相談ネット

検索

企業法務

【弁護士の小話】定款や就業規則をググって作るのはNG!

定款や就業規則はきちんと作成しましょう

 

昨日は、定款の作り方についてのご相談がありましたので、簡単ですが、定款やその他起業に必要なことについて話したいと思います。

 

 

 

定款ってなに?

 

そもそも定款ってなんでしょう。これは、会社の活動内容、活動の目的、組織、規則などを定めた、きわめて根本的なものであり、また大切なものです。

そうですね、会社における憲法、と言ったらちょっと違うでしょうか。まあ、イメージとしてはそんなに間違っていないかと思います。

 

 

定款はちゃんと作りましょう

 

起業する方の中には、ちゃちゃちゃっと、ネットでググったものをパクるようにして作ってしまう方もいますが、ぜひ、ちゃんと作りましょう。

これは、いわゆる電子定款でもOKです。そちらの方が、印紙代4万円の節約にはなりますね。

 

 

就業規則も重要

 

もうひとつ、今度は、実際に会社が人を雇って活動するときに大事なのが就業規則です。

 

これがちゃんとできてないと、実害が、甚大です!!

 

たとえ、従業員2~3人の会社さんであっても、作成することを強くお勧めします。いざ、従業員とトラブルになった時に、きちんとした就業規則があるかないかで、有利、不利が大きく変わりますよ。

 

 

事務所では、定款や就業規則の作成方法などのご相談も、いつもどおり、30分5000円と税で承っております。お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京大学法学部司法学科卒業。最高裁判所司法研修所修了後、裁判官に任官し、横浜地方裁判所、名古屋地方裁判所家庭裁判所豊橋支部、横浜地方裁判所家庭裁判所川崎支部判事補、東京地方裁判所家庭裁判所八王子支部、浦和家庭裁判所、水戸地方裁判所家庭裁判所土浦支部、静岡地方裁判所浜松支部判事。退官後、弁護士法人はるか栃木支部栃木宇都宮法律事務所勤務。

裁判官時代は、主に家事事件(離婚・財産分与・親権・面会交流・遺産分割・遺言)等を担当した。 専門書の執筆も多く、 古典・小説を愛し、知識も豊富である。 短歌も詠み歌歴30年という趣味も持つ。栃木県弁護士会では総務委員会に加入している。